しおらしい花。

花盛りが過ぎ終わり往く命。わたしはその命が潰えるのをただ静かに見守る。死は毎夜ごとに一歩ごと、ひたひたと近寄る。

道端の紫陽花

今年の梅雨は梅雨らしさがそれほど無くて、なんだかたくさん雨が降ったと思ったら、強い日差しが突き刺さるようで、不思議な天候だ。

海辺に出たら楽しそうなことをしているひとがいました。

絶壁に咲き続けるたんぽぽ。
 
川の護岸に咲いていました。こんな環境の悪いところでよく咲いているものだ、と思いました。

廃墟

たまたま見つけました。どうやらいまは使われていない社宅のようです。
団地のなかは歩けますが、中には入れないようになっています。気配を色濃く残したこの場所に足を踏み入れたとき、かつてひとの往来があったことを夢想しました。

ここは広大な土地が更地になっていました。やがてここも取り壊され新しい何かが建設されるのかもしれません。

梶原御霊神社

小学校の隣にある神社です。鎌倉は歴史がある街なのですが、最近越してきたのでほとんど知らないんですよね。小学生はこの辺りの歴史について勉強するのでしょうか。(わたしが住んでいたところはやりましたが、昔は田畑が広がっていた田舎だったそうです)

極楽寺駅

鎌倉と言ったら極楽寺という感じがしますね。鎌倉を舞台にしたアニメや映画で必ずと言っていいほど、ここの風景が使われるような気がします。

と言っても鎌倉を舞台にした作品というのはあまり知らないのですが・・・

階層と観客

横浜のモールのなかでサーカスの大道芸をやっていました。

野村総合研究所跡地

中に入ることはできないので、窓越しから撮影しました。机や椅子が放置されたままで、時が止まっています。内装も古い感じが素晴らしいですね。ちなみに警備システムが作動しているので無理矢理入らないように笑